1824円 島語れ ミュージック 日本の伝統音楽・芸能 民謡 ミュージック , 日本の伝統音楽・芸能 , 民謡,島語れ,/hermitess896077.html,x-allround.com,1824円 ミュージック , 日本の伝統音楽・芸能 , 民謡,島語れ,/hermitess896077.html,x-allround.com,1824円 今ダケ送料無料 島語れ 1824円 島語れ ミュージック 日本の伝統音楽・芸能 民謡 今ダケ送料無料 島語れ

今ダケ送料無料 正規品送料無料 島語れ

島語れ

1824円

島語れ

商品の説明

内容紹介

■武下和平と双璧をなす伝説の唄者、絶頂期のライヴ2枚組。 勝島徳郎は、奄美では武下和平と双璧をなす偉大な唄者として知られています。1921年、奄美大島南部・瀬戸内町の古志(こし)という集落の生まれ。唄者だった母親の影響を受けて幼い頃からシマ唄を覚え、小学生の頃には早くも三線をマスターして神童ぶりを発揮していました。また20歳の頃には管鈍(くだどん)という集落に住んでいた伝説の唄者・節甚太郎に師事して「ちぎょいはまだけ」など、忘れられて歌われなくなったシマ唄を受け継ぎ、奄美の将来のためシマ唄の伝承に意欲を燃やすようになります。現在、結婚式など奄美の祝いの席で必ず歌われる「朝顔節」という唄も勝島徳郎が掘り起こしてレコードに吹き込んでから一般に広まったのでした。 その勝島徳郎が唄者として円熟期に入った1981年と1987年のライヴ音源を掘り起こし、2枚組CDとしたのが本作『島語れ』です。CD1は1981年、奄美大島・瀬戸内町の古仁屋小学校体育館におけるライヴ音源。体育館の落成記念に呼ばれた際のライヴで、音源に起因するノイズをものともせず、歌声の素晴らしさ、巧みな三線のワザを楽しむことができます。CD2は1987年、尼崎労働福祉会館におけるライヴ。舞台歴40周年を記念して催された公演で、会場を埋めつくした観客も全員が奄美出身者(注1)。勝島徳郎もシマグチと呼ばれる奄美の方言でMCをしながら、リラックスしたステージを展開。十八番の「ちぎょいはまだけ」「くばぬ葉節」に加えて、今ではほとんど歌われない「ばいどこ節」など、貴重なシマ唄も収録されています。 (注1)現在、尼崎を中心とする関西エリアには3世、4世を含めて約30万人の奄美系住民が暮らしていると言われています。これに対して奄美諸島の人口は約14万5千人で減少傾向が続いています アーチスト紹介 勝島徳郎 1921-2003 大正10年(1921)9月15日、奄美大島瀬戸内町古志生まれ。幼少の頃から唄者として知られた母ウトマツの唄を聞いて育ち、小学6年の頃には自ら三線を弾くようになった。20歳の頃、管鈍の唄者・節甚太郎に師事。また妻の母親が名うての唄者だったこともあり、彼女から宇検村マナーの古いシマ唄を数多く学んだ。「ちぎょいはまだけ」「くばぬ葉節」など埋もれていたシマ唄を発掘し、レコードに吹き込んで世に広めたことでも評価されている。30代になって消防署に勤務するため古仁屋に移住、そこで福島幸義氏や武下和平氏と交流を重ね、唄者として全島に名を馳せた。1977年、文化庁主催の芸術祭特別公演に出演。1980年、『奄美民謡・勝島徳郎傑作集』をセントラル楽器より発表、同年『勝島徳郎・伊都子名演集』をクラウン・レコードより発表した。2003年1月5日没。 勝島伊都子 奄美大島・瀬戸内町古志生まれ。6歳の頃から父・徳郎のもとでシマ唄を習得、12歳で父と共に尼崎に移り住み、《徳郎節》と呼ばれる独特の節回しを受け継いだ。現在は自ら経営する店「来るだんど」(尼崎市杭瀬)で歌い続ける傍ら、祝い座など様々な機会に招かれてシマ唄を歌い続けている。

アーティストについて

勝島徳朗
1921年奄美大島瀬戸内町古志生れ。
妻の母親が名うての唄者だったこともあり、彼女から宇検村マナーの古いシマ唄を数多く学んだ。「ちぎょいはまだけ」「くばぬ葉節」など埋もれていたシマ唄を発掘し、レコードに吹き込んで世に広めたことでも評価されている。 30代になり、古仁屋に移住、そこで福島幸義氏や武下和平氏と交流を重ね、唄者として全島に名を馳せた。 1980年「奄美民謡・勝島徳朗傑作集」をセントラル楽器より発表、同年「勝島徳朗・伊都子名演集」をクラウン・レコードより発表。
2003年1月5日没。

勝島伊都子
奄美大島・瀬戸内町古志生れ。
6歳の頃から父・徳朗のもとでシマ唄を習得。12歳で父と共に尼崎に移住。
《徳朗節》と呼ばれる独特の節回しを受け継いだ。
現在も様々な所で歌い続けている。

島語れ

土曜日・日曜日・祝日・年末年始