10033円 デイトナ バイク用 スクリーン NMAX ウインドシールド HCシリーズ ロング クリアー 95130 車&バイク バイクパーツ バイク外装パーツ スクリーン,ウインドシールド,10033円,車&バイク , バイクパーツ , バイク外装パーツ,クリアー,/gastrocoloptosis1011252.html,NMAX,x-allround.com,ロング,95130,デイトナ,HCシリーズ,バイク用 スクリーン,ウインドシールド,10033円,車&バイク , バイクパーツ , バイク外装パーツ,クリアー,/gastrocoloptosis1011252.html,NMAX,x-allround.com,ロング,95130,デイトナ,HCシリーズ,バイク用 デイトナ バイク用 スクリーン NMAX 秀逸 ウインドシールド 95130 ロング クリアー HCシリーズ デイトナ バイク用 スクリーン NMAX 秀逸 ウインドシールド 95130 ロング クリアー HCシリーズ 10033円 デイトナ バイク用 スクリーン NMAX ウインドシールド HCシリーズ ロング クリアー 95130 車&バイク バイクパーツ バイク外装パーツ

デイトナ バイク用 スクリーン NMAX 秀逸 ウインドシールド 95130 ロング クリアー 日本限定 HCシリーズ

デイトナ バイク用 スクリーン NMAX ウインドシールド HCシリーズ ロング クリアー 95130

10033円

デイトナ バイク用 スクリーン NMAX ウインドシールド HCシリーズ ロング クリアー 95130

商品の説明

スタイル:HC(クリアー)

商品紹介

効果が実感できると好評のウインドシールドHC。ウインドシールドの素材は日本製のポリカーボネート(厚さ3mm)を採用。同厚のアクリルに対し約30倍の強度を持ち、高い透明度と耐久性を両立。またハードコート処理を施し耐傷性をアップ。ウインドシールドの角度調整(約10度)が可能な車種専用の取付ステー付き。MadeinJapan。

使用上の注意

※ウインドシールドは傷つきやすいので、乾ぶきはしないでください。
※ウインドシールドが汚れた場合は、傷のつきにくいやわらかい布と中性洗剤を使用して多量の水で洗い流してください。
※ガソリン・シンナー等有機溶剤・コンパウンド入りのクリーナー等は使用しないでください。
※ウインドシールドは、太陽光を直接あてると、小さな領域に集光する光学的特性上、車体の他の部分に損傷を与える場合がありますので、直射日光があたったままの状態で駐車しないでください。
※クランプバーは付属しません。(耐荷重の問題で使用不可)


メーカーより

0401 0402 0403 0404
エアロナックルバイザー コーティングスプレー スクリーンクリーナー 補修用クランプバー
特徴 ポリカーボネート製のナックルガード スプレーして拭き取るだけで撥水コーティング ウインドシールドの汚れと微細なキズを除去 ウインドシールドに付属しているクランプバー

デイトナ バイク用 スクリーン NMAX ウインドシールド HCシリーズ ロング クリアー 95130

≫ EDIT

ジャングル・フィーヴァー

これを失敗したら たぶん弐号機を降ろされる

大体いつもこのようなテンションで助成金の申請書や演題の抄録を書くもののまあカスりもしないのが続いておりました

この度は共同研究者の力を借りまして演題を出したところ

Young oral session

なるものに採択されましたとのお知らせが

本年40歳になろうというのにYoungとは、、

そして

演者の先生で可能な方には、東京に設けます配信会場にお越しいただき、ご発表頂く予定でございます。
詳細は後日ご連絡申し上げます。


まあありがたいことですが、今どき東京にはなかなか行けません。当院の規定ではまん延防止以上の地域に行く場合は5日間の自宅待機が必要となります。10分程度の発表をするために東京まで往復するのは、でもせっかくよさげなセッションで発表できるし次はもうないだろうし、、

悩んでおります
スポンサーサイト



| 未分類 | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Razer Blade Stealth

現在メインで使っているパソコンが4年もののこれ

Razer blade stealth 13.3 Gunmetal


当時ガンメタル色は日本発売がなかったのでわざわざAmazon.comで買ってアラスカを通ってやってきた子です

やってきて早々に

液晶ディスプレイの下半分が映らなくなる
以後外部ディスプレイ接続で使用、以後持ち運びなし


その次に2020年くらいに気がつくと本体が歪んでいる
みるとバッテリーが膨張して筐体を変形させている
Razer BladeにはAC電源接続時にバッテリーの過充電を防ぐ制御がないとのこと。故にずっとAC電源に接続したまま使用しているとこうなると
バッテリーを外して、以後AC電源のみで使用。うっかり接続が外れると直ちに落ちるスリリングな仕様となり、以降常時電源Onで管理することに


そして先日ファンから大きな異音が
裏蓋を外してファン交換を検討


これは深センから一週間ほどで到着し、無事に交換。以後は短時間でスリープモード移行するように


まだまだ働いてもらいます

| 未分類 | 15:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そんなのないよ

医師の求人サイトの募集要項をみて、条件や病院の概要から「ああこれはあの病院だな」と当てる、特に何の役にも立たない特技があるのですが

先日、近隣県のまずおそらく某公的病院の常勤職(日直あり当直なし)の条件を見つけてしまったのですが特記事項に

・関連医局への入局が必要(異動はなし)


という一言が書いてありまして


ものすごい何とも言えない気持ちになりました

おそらく、配偶者の異動などでやってきた人を雇うつもりで、でもいちおう医局にも気を使いつつというところなのでしょうが、その入局に一体何の意味があるのかと


医局講座制・関連病院という制度の限界を感じます

| 未分類 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

クォン・サンウ DREAM IN JAPAN~心の扉を開いて~PART II [DVD]

Clinical Images

世の中の割と近いところに猛者がいることに気づいたので

https://100casereports.kyotolog.net/


自分でも出来るものかなと思ってやってみたところ

https://link.springer.com/article/10.1007/s10067-020-05222-0

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jpc.15459

https://www.pediatr-neonatol.com/article/S1875-9572(21)00095-4/fulltext


この1年で3つほどのClinical Imageを出すことができました。臨床の現場で自分がこれは興味深いと思ったものを少ない時間と手間でまとめて、査読も比較的短い時間で返ってきて直しも少ないので何かと都合がよい、と。今日び普通のCase Reportはなかなかとってもらえず、かといって毎回APCを払うのもなあということで頑張って投稿先を探します

https://100casereports.kyotolog.net/%E8%8B%B1%E6%96%87%E8%AA%8C%E6%8A%95%E7%A8%BF%E3%81%82%E3%82%8C%E3%81%93%E3%82%8C/

結果として同じような選考基準になりますが、Open AcessでもClinical Imageは無料なところもあって、Clinical Imageは常にネタ不足なのか通るときは割とあっさり通る印象

次は原著をこれくらい量産できれば、、、

| 未分類 | 15:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

親子の話

先日たまたま見たテレビ番組
(庵野秀明特集はまだ映画が観に行けてないので見ていない)

色々想うことはありますが、単純に親子の物語としてとても感動するものでした


先日、小学校2年生の次女が学校での作文に「将来は医者になりたい」と書いていたそうな

今まで家で色々聞いてみても「うーん、分かんない」とはぐらかされていたのに

きっと周りの子どもや大人から「両親が医者だからあなたも医者に」みたいな事をうんざりするくらい聞かされ、これからも続くであろう事から自分たちからは勧めることはしないと決めているのですが

あまり周りから影響されるタイプではないので、そういうことを少しでも考えたことに驚きました。でも本当に自分の好きなことをやって働ければ、と心から思っています




小児科学会雑誌 2019.5-6, 2020.6-8, 10 特記事項なし
2020.12 P1794. 5 腹腔内膿瘍の後にHLHとなった症例があるので、そういうことは起こるのだなと
→と思ったけど、DIHSな予感がしてきました
2021.1. P92. 4 一見活発に見えても実は疲れている不定愁訴気味なお子さんには西洋医学的アプローチよりも漢方薬のほうがハマる可能性があるんだなと

| 日記 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT